大分県民の日

大分県は明治4年11月14日に廃藩置県が行われ「県」の統廃合で成立した。大分県あすをつくる県民運動推進協議会は、その11月14日を「県民の日」に制定した。
“豊(とよ)の国”「日本一のおんせん県」として、景色よし、温泉よし、食べ物よしの大分県です。
11月14日×大分県民の日隼3感謝状Shop1-2-10-1-2A3W_page-0001

●感謝状
物もゆたか心もゆたかな豊の国に暮らす
大分県民の皆様へ
豊かな自然に囲まれた貴県の魅力は食と至る所に
湧き出ている温泉と人の温かさにあり子育て満足度
日本一を目指した目標は幸福度ランキングで三位の
獲得と豊後高田市の住みたい田舎一位のランキングとなった
それはこれまで自分を支えてくれた人達や社会に対する
恩返しをと言う思いからボランティア活動に汗を流す
いつものねじり鉢巻きに児童虐待防止の象徴である
オレンジ色のシャツ姿の郷土の誇り尾畠春夫氏にあり
おおらかですが芯をしっかり持ち負けず嫌な気質の
県民の皆様にこの「大分県民の日」に感謝状を贈ります
令和四年十一月十四日