山梨県民の日

明治4年11月20日は、それまでの甲府県を山梨県と改めた日です。「県民の日」はこの日を記念して決められました。
県の大目的は、「県民一人ひとりが豊かさを実感できる山梨」を実現することです。
11月20日●山梨県民の日隼11-2-10-1-2A3W_page-0001 (1)

●感謝状
勤勉で行動力も旺盛で独立心の強い努力家の
山梨県民の皆様へ
高峻な山岳で遮られ周囲の国々からの隔絶感の中で
夏は暑く冬は寒い寒暑の差の大きい気候は甲州人の
滅り張りのある気質を養い時流に遅れまいとする
気風の表れは負けず嫌いで独立心の強い努力家で
積極的であるが粘り強い倹約家としての姿を作る
コロナ禍の厳しい状況下で命と経済を両立させながら
山梨ワインと新種の富士の介のリマ―ジュを味わい
富士山と信玄公を尊敬する県民一人ひとりが豊かさを
実現できる山梨を作る為に無人で助け合い頑張る
甲州の皆様へここ「山梨県民の日」に感謝状を贈ります
令和四年十一月二十日