埼玉県民の日

明治4年に廃藩置県が行われ、「県」の統廃合があり、11月14日(旧暦)に「埼玉県」が誕生しました。埼玉県民の日は、 埼玉県 が 1971年 ( 昭和 46年)に、埼玉県の設置100周年を記念して制定した記念日です。
埼玉県は「彩の国」という愛称を用いています。「埼玉県に対する親しみや愛着を高め」ることを目的として、「彩の国キャンペーンマーク」を平成5年11月14日に制定しました。「彩」は、埼玉の多彩な魅力や大きな発展の可能性を表している、とする。
11月14日●埼玉県民の日隼11-2-10-1-2A3W_page-0001

●感謝状
年間の快晴日数が日本一の晴れの国太陽の国に住む
埼玉県民の皆様へ
あらゆる人が活躍でき日本一暮らしやすい埼玉県を
実現する為に大変強い危機感で危機の克服に
取組む一方で春夏秋冬ガリガリ君を食べながら
クレヨンしんちゃん一家はムーミン谷に迷い込み
ところざわサクラタウンでアニメの世界へと導かれる
地元への愛が薄いと言われる中にあってラグビー
ワールドカップへの高いホスピタリティ神対応は
想像をはるかに超えるおもてなしといえます
彩の国の新しい生活様式で感染症と向き合っている
県民の皆様にこの「埼玉県民の日」に感謝状を贈ります
令和四年十一月十四日