和歌山ふるさと誕生日

明治4年(1871年)11月22日、和歌山・田辺・新宮の紀州3県の統合により現在の和歌山県が誕生しました。和歌山県は、県民の皆さんが郷土について理解と関心を深め、ふるさとを愛する心を育み、自信と誇りをもってより豊かな郷土を築きあげることを期する日として、この11月22日を「ふるさと誕生日」として条例で定めています。
11月22日●和歌山ふるさと誕生日隼11-2-10-1-2A3W_page-0001

●感謝状
人が困っているのをほっとけず進んで人助けをする情に厚い
和歌山県民の皆様へ
新型コロナウイルスの積極検査で安全宣言により
経済社会活動への制約もなく感染者の早期発見
早期隔離次の感染の事前抑制を必死でやってきた
貴県産業も観光客の激減に見舞われたが未来を
担う子供達の修学旅行の行き先を地元和歌山の
ええとこを巡ることで忘れられない思い出は作られた
世界遺産とみかんに鰹に木の国の自然に囲まれた
その環境で社交的な明るい性格が育まれ旅人を
もてなす綺麗で温かい心の持ち主の皆様を応援し
ここ「ふるさと誕生日」に感謝状を贈ります
令和四年十一月二十二日